2016/08/19 注目される台湾女性の美容と健康を支える”美”食とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりわけ美食の国としてグルメを楽しみに訪れる人が多い台湾。日本から直行便で4時間程度と比較的日本からも近く、親日的なこともあり週末を利用して気軽に行ける海外として、年々人気が高まっています。とりわけ美食の国としてグルメを楽しみに訪れる人が多く、台湾グルメも注目を浴びています。今回は、そんな台湾グルメにまつわる”美”食の秘密について紹介したいと思います。

台湾茶の肥満予防効果

凍頂烏龍茶をはじめ、烏龍茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールには、摂取した脂肪を消化吸収されるのを防ぎ、そのまま体外に排出する働きがあると言われています。烏龍茶ポリフェノールは烏龍茶の製造過程にある半発酵の工程により、茶葉に含まれるポリフェノールが変化したものです。
お茶の成分としてよく知られているカテキンもポリフェノールの一つで、脂肪を燃焼させやすくする効果があると言われています。食事中や食後にお茶を飲むとより効果的とされ、特にその効果が高いとされているのは、凍頂烏龍茶や高山烏龍茶、そしてプーアール茶です。
台湾茶を日常的に飲用している台湾の人たちは、スリム体型が多く肥満体型は少ないと言われます。

img2

美容意識の高い女性に大人気! 薬膳火鍋

薬膳火鍋とは中国や台湾が本場であり、一つの鍋が真ん中で仕切られた特徴的な形をした鍋で、二種類の味が楽しめるタイプもあります。作り方は調理する人やお店によってそれぞれ違いますが、薬膳料理でも出番の多い素材が含まれていることが多くなっています。
薬膳火鍋に使われる食材として一部紹介させて頂くと、
■ナツメ…ビタミンCが大量に含まれており、ストレスに効く作用があります。不眠症や冷え性など、生活で抱えやすい悩みを解消できる効果があり、薬膳火鍋ではよく扱われる素材です。
■クコの実…コレストロールの低下に加えて、脂肪が付きにくい体作りを助けてくれ、肝機能の強化にも役立つ効能があります。美白効果もあるため、特に女性に注目される材料なのです。
■リュウガンと呼ばれる漢方もよく扱われており、生理不順や糖尿病の予防、疲労の回復に効果があります。健忘や動脈硬化、高血圧にも効くため、特に中高年の方には嬉しい薬膳です。
薬膳を意識しなくても出番の多い生姜も、薬膳火鍋では定番の材料であり、特に冷え性に効果があるのは有名ですが、脂肪の分解や解熱作用もあります。山椒も薬膳火鍋に使われやすい食材であり、消化促進や利尿作用がありますが、消炎、鎮痛の効果もあります。
このように、薬膳効果でストレスや不眠の解消、美容効果も得られるのが薬膳火鍋なのです。

img3

まとめ

女性の健康に役立つ「美食」の文化が生活の中に根づいていることもあり、台湾は女性たちからの指示を受けています。医食同源の思想が浸透し、キレイな体を支える”美”食も充実している台湾グルメに今後も目が離せませんね。

【参照】
■本格台湾料理が食べれるお店
「AND TABLE」
http://www.hotpepper.jp/strJ001143374/

■火鍋が人気のお店
珍味楼
http://www.hotpepper.jp/strJ000136548/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緒方 千恵

緒方千恵

徳島県出身。 脇町高校卒業後、青山学院大学に進学卒業。 新聞社のビジネス部門に就職後、広告業界に。 学生時代に2年で23ヶ国を飛び回り、就職後は現職に打ち込む一方で、 地方創生、女性の社会進出フォローに関して取り組みを始めてる。

1つ前の記事 2016-08-19 01:22:51 今こそ女性が自由に生きていける時代 続きを読む