2016/08/23 痩せたと聞かれたからたくさん食べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あれ、痩せたよね?」と取引先や友達から立て続けに言われた時期、むしろ、自分では最近食べ過ぎていないか心配していたのでびっくりしていました。
あまりにみんなから言われるから体重計に乗ってみたら実際ほんとに体重も落ちていてダブルでびっくり。

でも、よくよく考えたら無意識にセーブしていました。

うっかり食べ過ぎる→翌日はスープやマクロビご飯

というケアをやっていたのです。
なぜかというと仕事がら本職のモデルさんやそういう人たちと仕事をする人が多く、美容のネタや情報はわりと入りやすい身で。

そんな中で仕入れたのが「どか食いしてしまったら、その翌日と翌々日さえ控えれば太ることはない」ということでした。

ようは食べ過ぎが「続く」のが問題であってちゃんと消化できるよう配慮さえすれば太りにくくなるのです。

それを聞いてから「食べ過ぎた翌日は控えめご飯」をわりと守ってきたので、その成果で痩せたみたいです。

ということで久しぶりに甘いものや美味しいご飯を楽しみました。なんせ食べることが何より好きな人間です。
美味しいご飯はもりもり食べて、なんならお代わりもしてしまいます。

そんな話をすると、「せっかく痩せても本末転倒じゃない?」と思われそうだけど、実際のところ痩せる必要がそこまでない中で結果的に痩せただけならいいんです、食べて。

pancakes-1265878_1920

大事なのは痩せることでも太ることでもなく「バランスをとる」ということ。

私自身、服のサイズは基本Sで、痩せていると思われがちですが、ダイエットはしない派です。
「寝る前に食べない」とか「甘いものを摂取しすぎない」とか「油物のあとは黒烏龍茶」みたいな「過度に太らない気遣いができればそれで充分かな」と日々思っています。

たくさん食べたらその分、たくさん動けばいい。

私は太りづらい体質でなく、高校生になるまではむしろ標準より重かったのですが、高校時代に運動部でかなりしごかれた結果、筋肉がしっかりして消費しやすい身体になりました。
代謝がいいから食べても動けばそこまで太らないし、むくまないようにお風呂でマッサージを丁寧にして汗もがっつりかくようにしています。

人によってジムが必要なのは筋肉量が足りずに代謝が低いことが理由であり、食事制限は1日の運動量と摂取カロリーのバランスがとれれば敏感になる必要もない。

「自分がどんな身体で何をどうすれば理想的なところを保てるのか」ファッションもそうだけど自分を理解することが一番大事なのです。

そしてささやかだけど、日常の積み重ねこそが全てです。

ジムのCMの劇的なビフォーアフターみたいに短期間で頑張って別人のような大変身を遂げても、一時的なものは長く持たない。

長時間コツコツと積み重ねていったものは簡単に崩れない。
(実際、短期集中のジムはリバウンドが恐ろしいというのはあちこちで耳にします。)

人間、結果をすぐにほしがりがちだけど長い目線をもつことも大切。

負担なく重ねていくことが何よりのスタイルコントロールです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三村 愛

三村愛

ビフォーアフターの変身を通して自分に似合うファッションやメイクを体験しながら理解できるシンデレラプランニングを創業。 7万人の統計データから生まれたコーディネート分析 88診断を基に一人一人が自然体で垢抜け、魅力的に見えるファッションやメイクアップ、ヘアスタイルといったトータルスタイル(見た目)をプロデュースする『コーディネーター』を育成してサービスを提供中。 自らも体型のコンプレックスにより服やメイクに悩んだ時代も経験しており、”ファッションを通して人生が変わる”を体現している。

WEB : http://cinderella-planning.com

1つ前の記事 2016-08-22 15:24:17 目指すべき「キレイ」は過去にない 続きを読む