2016/10/09 アジアに旅した時に探したいアロマの香りの万能オイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイガーバームと聞いて何を思い出すだろうか。家の引き出しに必ず1つは入っていること。昔ながらの筋肉痛の時に塗る薬。湿布くさい匂い。おじいちゃんのマストアイテム・・・・・・。

アジアへ旅行に行くと、その国特有のタイガーバームのような塗り薬が必ず1つや2つはある。パッケージ裏の効能を見ると、蚊に食われた時、車に酔った時、胃痛の時、腹痛の時、頭痛の時、など色々と書かれている。私はこれを『万能オイル』と呼んでいる。万能オイル1つでこんなに効能があるなんて、以前は絶対怪しいと思っていた。しかし、最近になってその理由がわかった。万能オイルはアロマでできているのだ。

様々な作用があるアロマオイル

アロマテラピーを勉強し始めた時に最初にぶつかる壁が、作用の多さだ。

【ラベンダー】

鎮静作用、リラックス作用、不眠、イライラ、躁うつ、血圧の降下、筋肉痛、皮膚炎、かゆみ、消毒殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、感染症、虫さされ、スキンケア、ヘアケア、膀胱炎、免疫力向上、自律神経、不快なにおいを抑える、防虫作用、通経作用

・・・・・・覚えるのに頭が痛くなりそう。

植物は自ら意識を持って動くことができないために、体内に秘密兵器ともいえる様々な成分を持っている。外敵が嫌がる成分、受精するために虫を引き寄せる成分、菌がつかないように清潔に保つ成分などなど。その一部を私たちは『香り』として感じている。つまりラベンダーのあの香りは、様々な作用を持った成分が混ざり合ってできたものなのだ。

万能オイルの成分を見ると、私たちが普段アロマテラピーで用いるようなアロマオイル(精油)がいくつも使われている。ミント、シナモン、ラベンダー、ユーカリ・・・・・・他にも私たちに馴染みのあるものばかり。こうしたアロマオイル1つ1つに様々な成分が混ざり合っていることから、何種類ものアロマオイルを使ったオイルは、まさに万能と言えるだろう。

おすすめ万能オイル3選

さて、私がお気に入りの万能オイルをいくつかご紹介しよう。

タイガーバーム・レッド

2-2_ayami

成分:カンファー、メントール、カユプテ、ミント、クローブ、シナモン
シンガポールで販売している、日本ではお目にかかることがない、赤いタイガーバーム。日本のタイガーバーム(レッドと区別して、ホワイトと呼ぶらしい)よりスパイスの香りが効いている。ホワイトは清涼感が続くが、レッドは塗ってしばらくすると熱くなってくる。肩こりの時にカーっとするほど塗ると、とても気持ちが良い。

ゴールデンカップバーム(金杯油)

2-3_ayami

成分:ウィンターグリーン、カンファー、メントール、ペパーミント、ユーカリ、カユプテ、シナモン、クローブ
筋肉痛の時は、タイで販売しているゴールデンカップバーム(金杯油)がおすすめだ。サロンパスの成分であるサリチル酸メチル(アロマオイルではウィンターグリーン)が入っているので、運動した後の筋肉痛などに良い。山登りやマラソンの後はこれをつけると、翌朝足腰が軽くなる。

ミニャック・テロン・プラス

2-4_ayami

成分:ラベンダー、ゼラニウム、カユプテ、アニス
インドネシアでは赤ちゃんにベビーオイルを塗ってマッサージする習慣があるらしい。これもベビーマッサージ用のオイルなのだが、蚊が嫌いな成分が入っている。私の場合は、夏はこれをロールオンタイプの容器に移し替え、蚊が出る場所で肌に塗っている。ミントのようなスっとした香りのカユプテに、爽やかな甘さのラベンダーとゼラニウムが入って、とても良い香り。香水のかわりに軽いフレグランスとして使うこともできる。

今回ご紹介した万能オイルは、現地の人たちが何十年、何百年と使い続けているものだ。私たち日本人は2000年代に入ってようやくアロマテラピーという言葉を知り、「アロマを取り入れた生活を」などと提唱するのを目にするようになった。しかし、アジアの人々はずっと前から生活の中にアロマテラピーを取り入れ、使いこなしていたのだ。

次はどこの国に行こうか。机に並べた万能オイルの香りたちに導かれ、次回の旅路を探している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AYAMI

磯部綾美

自然派&無添加石鹸『アロマティシア』オーナー。早稲田大学大学院で心理学を学び、卒業後は大手化粧品会社などのマーケティングリサーチを担当。2011年より『アロマティシア』を立ち上げ、オリーブオイルやはちみつを使った【食べられる材料で作った石鹸】を販売。『香りと暮らし研究家』として活動し、香りや自然を取り入れた暮らし方について伝える講座や活動をしている。趣味はキャンプで週末は森の中で過ごすことが多い。

WEB : http://aromaticia.com/

1つ前の記事 2016-10-09 00:50:50 女性ならではの直観や感性を磨いて魔法使いになる方法 ≪後編≫ 続きを読む